アゴ周りのヒゲに困っていた日々

鏡を見たときのアゴ周りの、ぼーぼーに生えたヒゲはもう見たくはないと感じました。
手入れを重ねて、だいぶんマシになりましたが、やれやれといったところです。

 

以前は剛毛判定が出るほどの元気な毛がアゴから伸びていて、それもスピーディに伸びてきていたため、
手におえなくなるほどでした。髭剃りで剃っても剃っても、すぐに生えてきます。
美容 脱毛でお悩みの方にはこちらのサイトがオススです。

 

そのスピードは年々高まり、夜に剃ったら朝起きたときには生えているし、
朝に剃ったら夕方には生えています。

 

もはや防ぐ手立てはないと考えていましたし、
毛が生えるたび、歳が老化したようにみえるのが、どうも気に食わないところでした。

 

ヒゲが伸びているのと、剃るのとでは、これだけ見た目の若さやさわやかさが違うのかぁと感じます。
伸びていれば5歳ぐらい増し、剃れば2、3歳若く見せることができるような、そんな様子でした。

 

さらにはその人は清潔感のある人かどうかというのがヒゲだけで判断してしまうところに外見のイメージにあります。
どうしてもヒゲは剃ってあるほうが清潔に見えます。

 

一部のタレントではヒゲがカッコいいなんていう場合もありますが、
それも整えているヒゲであって、不精ヒゲであるうちは、たいていは似合わないでしょう。